FAQ

ライブチャットビジネスのよくある質問

 

FAQよくある質問

ライブチャット代理店開業を検討している方からよくある質問をまとめました。 不安な事やよく分からないことがある場合はこちらをご確認ください。
矢印アイコン
Q1開業資金0円で始められるのは本当ですか?
A在宅のチャットレディを知り合いなどから募集し、設備も揃っている場合に限り、自己資金0円での開業も可能です。 通勤チャットレディを募集して本事業を行う場合、開業資金0円というのは現実的ではございません。 チャットルームを用意するために賃貸契約料(敷金・礼金・保証金・仲介手数料など)が掛かります。 また、パソコンやウェブカメラ、マイク、テーブルなどを購入するための、開業資金も必要となります。 また、チャットレディ募集には広告費もかかりますので、それらを踏まえての開業資金が必要となります。 詳しくは開業費用をご覧下さい。
矢印アイコン
Q2加盟金0円 解約金0円は本当ですか?
A加盟金や保証金は掛かりません。特別な事由がない限り、解約金なども発生しません。
矢印アイコン
Q3求人サポートが受けられるというのは本当ですか?
A弊社の強みの一つである広告求人力を生かしたサポートは代理店様の大きな力になっております。 本事業の成功にチャットレディ求人は非常に大きな影響を及ぼします。 求人のご紹介、求人広告費の支援、求人募集・サイト制作・リスティング広告・SEOなどのノウハウ提供など求人に関するサポートはお任せ下さい。
矢印アイコン
Q4代理店業でのリスクは何ですか?
A

①本事業失敗のリスク

加盟金などはございませんが開業には少なからず費用が掛かります。 掛かった費用を回収できず、事業が失敗に終わることがリスクとなります。

②未成年登録や出演のリスク

サイトの登録ルールに満たない年齢の者が他人の身分証明書などを偽造などして、気付かず登録をした場合、もしくは代理店様自身で偽造行為をした場合、いずれもライブチャットサイト代理店契約は即刻解除となりますし、サイトへ与えた損害の程度にもよりますが損害金が請求される場合もございます。

③アカウント譲渡(なりすまし行為)

代理店様が登録作業をしてチャットレディのアカウントを発行するのですがチャットレディが勝手に登録したアカウントを他人に譲渡し出演した場合でも責任は代理店様となります。 このようになりすましが発覚した場合は該当女性のアカウント停止に加え、過去にさかのぼり該当女性アカウントの売上金を全額返金することとなります。 こういったトラブルを回避する為にも、在籍女性へのアカウント譲渡は禁止ということを念入りに教育しておく必要があります。

④倫理基準違反

日本国内において局部を露出することは法律違反です。アカウント停止だけではなく、チャットレディ、管理スタッフ、店舗責任者、経営者も逮捕される場合がございます。 このようなリスクを回避する為にも、予めチャットレディやスタッフにへの周知・教育が重要になります。
矢印アイコン
Q5在宅のみで代理店を検討していますが可能でしょうか。
A在宅チャットレディのみでも代理店契約は可能です。 チャットレディの管理・育成・教育が難しくなるというデメリットもございますが、一方では、通勤するチャットルームが不要なため、初期費用や月々の経費も少なく出来るメリットがあります。
矢印アイコン
Q6ライブチャット代理店の具体的な業務は何ですか?
Aチャットルームと事務所の運営および設備備品の準備です。チャットレディの働く環境を整えることです。 チャットレディの求人採用に関わる業務(宣伝広告、求人対応、面接など)と在籍管理です。 出勤(出演)管理を行なうことでチャットレディに安定的な出演を促しつつ、売上アップに向けてを育成・プロデュースなどを行います。 チャットレディや管理スタッフに報酬(給与)の支払いを行います。 また、それらを管理する管理者様を育てることも重要な課題のひとつとなります。ライブチャット代理店の売上は管理スタッフ次第と言われるほど、大きく左右されます。 具体的な教育内容はここではお話出来ませんが、当社の場合はマニュアルや研修にて管理者様・チャットレディに直接指導もさせていただきますので、円滑に業務を進めることが可能となっております。